コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーガー・ムハンマド・ハーン Āqā Muḥammad Khān

世界大百科事典 第2版の解説

アーガー・ムハンマド・ハーン【Āqā Muḥammad Khān】

1742‐97
カージャール朝の創始者。1758年,父の暗殺によりカスピ海南東部に勢力を張るカージャール族の族長となる。しかし,まもなくザンド朝に人質として取られ,シーラーズの宮廷で幽閉生活を送る。79年,ザンド朝のカリーム・ハーンの死によって故郷に逃げ帰り,反ザンド朝戦争を組織し,カージャール朝を興した。97年,暗殺される。政治家,軍人としては優れていたが,幼時に去勢されたため性格は猜疑心が強く,残虐であったといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアーガー・ムハンマド・ハーンの言及

【カージャール朝】より

…その後,辺境防備のためカスピ海南東のゴルガーン地方に移された。1779年,族長アーガー・ムハンマド(モハンマド)・ハーンザンド朝のカリーム・ハーンを倒してイランを統一し,86年テヘランを首都に定めた。カージャール朝の国家構造は遊牧分封制的で,一族を地方知事に任命し,軍人には分与地(トゥユール)を与えた。…

※「アーガー・ムハンマド・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アーガー・ムハンマド・ハーンの関連キーワード白河藩ルソー(Jean-Jacques Rousseau)セルシウス度助産所井上士朗ウォルポール火罪紀海音公事方御定書