コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーグラ城 アーグラじょうĀgra fort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーグラ城
アーグラじょう
Āgra fort

インドのジャムナ川に臨むアーグラに,1564年ムガル帝国皇帝アクバルが着工させた城。その後シャー・ジャハーンが増改築して完成。城壁が赤砂岩造のためにレッド・フォート,あるいはラール・キラー (赤い要塞) とも呼ばれ,現在も王宮の遺構を残す。二重の城壁は1周約 2.5km,デリー門をはじめ三つの門を開く。城内のモーティ・マスジドはシャー・ジャハーンが建てた王族専用のモスク (1646~53) で,礼拝室内部,屋上の球根形のドームなどは白大理石で仕上げられ,浮彫,象眼は精巧をきわめる。また,アクバルの建造したシャハンギール・マハル (1585) は赤砂岩造の2層の宮殿で,イスラム建築と伝統的インド建築との折衷様式である。 1983年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アーグラ城の関連キーワードインド・イスラム美術アウラングゼーブアーグラ城塞アグラ城

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android