コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェムトランド県 イェムトランドJämtland

1件 の用語解説(イェムトランド県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェムトランド〔県〕
イェムトランド
Jämtland

スウェーデン中西部の県。県都エステルスンドノルウェーに接する。元来はノルウェーの一部であったが,ノルウェーがデンマーク支配下にあったとき,敗戦によりスウェーデンに割譲された (1645。ブレムセプロの和議) 。西部は山岳地方で峡谷,河川に富むが,東部は標高 450m以下の丘陵である。 1882年にストックホルムと鉄道で結ばれるまでは,峡谷を通ってノルウェーのトロンヘイムとの通商が盛んであった。林業および観光が主産業。面積4万 9917km2。人口 13万 6009 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone