イエズス会劇(読み)いえずすかいげき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエズス会劇
いえずすかいげき

イエズス会演劇ともいう。1570年代より200年近くにわたり、まずイタリア、フランス、ドイツ語圏、やや遅れてボヘミア、ポーランドなどのイエズス会学院で行われた学校劇。17世紀に入ってとくに盛んになった南ドイツやオーストリアでは、最新の設備を備えた劇場で、音楽、バレエ、大掛りな仕掛けを加えた華麗な舞台を生み出し、当時のバロック演劇を代表した。そのつど会士の手になる脚本はおもにラテン語であるが、一部では地方語も用いられた。素材は聖書や教会史のほかに世界文学のあらゆる材料からとられた。
 世界の正しいあり方を教えることが一貫した主旨であるが、とくに個人の魂の救いを追求したJ・ビーダーマンと、教会の勝利をうたったN・アバンチーニが代表者である。[尾崎賢治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android