コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂井政尚 さかい まさひさ

2件 の用語解説(坂井政尚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂井政尚 さかい-まさひさ

?-1570 戦国-織豊時代の武将。
織田信長の臣。永禄(えいろく)11年六角義賢(よしかた)の近江(おうみ)(滋賀県)箕作(みつくり)城を攻撃し,功をたてる。元亀(げんき)元年姉川の戦いで先鋒(せんぽう)をつとめる。同年11月26日近江堅田(かただ)で浅井・朝倉連合軍に攻められ戦死。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂井政尚

没年:元亀1.11.26(1570.12.23)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。右近将監,右近尉。織田信長の臣。初め美濃斎藤氏の臣であったとも清洲織田氏の臣であったともされるが未詳。永禄11(1568)年の信長の上洛では,近江箕作城攻め,山城勝竜寺城攻めなどで先陣の一将となる。同12年の伊勢大河内城攻め,元亀1(1570)年の越前朝倉氏攻め,近江小谷城攻め,続く姉川合戦にも一勢の将として従軍。同年11月25日,比叡山にこもった朝倉勢の退路を断つべく,近江堅田に派遣され,堅田衆と共に同地を固めたが,翌日,朝倉軍に攻められ,奮戦の末に戦死したという。ただし,『信長公記』では,元亀3年4月の河内交野城救援の織田軍に「坂井右近」の名がみえている。

(谷口研語)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂井政尚の関連キーワード岡島右近細川玄旨山岡如軒安土桃山時代右近衛将監右近将監右近の陣右近大夫右近左近右近蔵人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone