コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂井政尚 さかい まさひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂井政尚 さかい-まさひさ

?-1570 戦国-織豊時代の武将。
織田信長の永禄(えいろく)11年六角義賢(よしかた)の近江(おうみ)(滋賀県)箕作(みつくり)城を攻撃し,功をたてる。元亀(げんき)元年姉川の戦いで先鋒(せんぽう)をつとめる。同年11月26日近江堅田(かただ)で浅井・朝倉連合軍に攻められ戦死。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坂井政尚

没年:元亀1.11.26(1570.12.23)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。右近将監,右近尉。織田信長の臣。初め美濃斎藤氏の臣であったとも清洲織田氏の臣であったともされるが未詳。永禄11(1568)年の信長の上洛では,近江箕作城攻め,山城勝竜寺城攻めなどで先陣の一将となる。同12年の伊勢大河内城攻め,元亀1(1570)年の越前朝倉氏攻め,近江小谷城攻め,続く姉川合戦にも一勢の将として従軍。同年11月25日,比叡山にこもった朝倉勢の退路を断つべく,近江堅田に派遣され,堅田衆と共に同地を固めたが,翌日,朝倉軍に攻められ,奮戦の末に戦死したという。ただし,『信長公記』では,元亀3年4月の河内交野城救援の織田軍に「坂井右近」の名がみえている。

(谷口研語)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

坂井政尚の関連キーワード石山戦争元亀安土桃山時代(年表)坂井政尚トルレスカブラル利府城イロコイ連盟森可成アムマナーティ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android