コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオン化光 イオンカコウ

1件 の用語解説(イオン化光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イオンか‐こう〔‐クワクワウ〕【イオン化光】

波長が91.2ナノメートル以下の紫外線水素原子を陽子電子に分離(イオン化)する強いエネルギーをもつ。平成19年(2007)9月、国立天文台大阪産業大東北大などの研究者チームが、約120億光年離れた銀河大集団をすばる望遠鏡で観測し、198銀河のうち17銀河からイオン化光を検出した。これらの銀河は、ビッグバンから約10億年後(今から約125億年前)に起きたとされる宇宙の再イオン化に大きな役割を果たしたと考えられ、どのようにして宇宙に天体が生まれたかを知る手がかりになると期待されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオン化光の関連キーワードX線レーザー遠紫外線近紫外線UVAUVBUVC極紫外線極紫外分光計シューマン線(紫外線)ミリカン線(紫外線)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone