コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオン化光 イオンカコウ

1件 の用語解説(イオン化光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イオンか‐こう〔‐クワクワウ〕【イオン化光】

波長が91.2ナノメートル以下の紫外線水素原子を陽子電子に分離(イオン化)する強いエネルギーをもつ。平成19年(2007)9月、国立天文台大阪産業大東北大などの研究者チームが、約120億光年離れた銀河大集団をすばる望遠鏡で観測し、198銀河のうち17銀河からイオン化光を検出した。これらの銀河は、ビッグバンから約10億年後(今から約125億年前)に起きたとされる宇宙の再イオン化に大きな役割を果たしたと考えられ、どのようにして宇宙に天体が生まれたかを知る手がかりになると期待されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone