コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イクネウタイ Ichneutai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イクネウタイ
Ichneutai

『追跡者たち』。ギリシアのソフォクレスサチュロス劇。オクシュリンコス出土のパピルス文書のなかから発見されたもので,約 300詩行が残っている。ホメロスの『ヘルメス賛歌』に題材を仰ぎ,アルカディアの山中に住む半人半獣のサチュロスたちとシレノスが,アポロン神の命により,盗まれた牛の群れを捜す場面を劇に仕立てたもの。盗人は生れたばかりの神ヘルメス,彼は牛の皮を亀の甲羅に張って竪琴をつくる。足跡をたどってきたサチュロスたちはほら穴の中から聞える不思議な音色に驚き,ヘルメスの乳母キュレネから楽器の由来を聞かされ,その幼児神こそ盗人であるとにらむ。劇の結末は不明であるが,ソフォクレスのサチュロス劇の詩法を明らかにした重要な作品断片である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android