コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシャンゴ遺跡 イシャンゴいせきIshango

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシャンゴ遺跡
イシャンゴいせき
Ishango

コンゴ民主共和国,エドワード湖西岸にある中石器時代の遺跡。後期旧石器時代との見解もある。多くの骨製の銛があり,また魚骨が多量にあることから湖の漁業が主要な生業であったものと推測される。石器は削器細石器などがある。サハラ砂漠の南,ナイル川中流域には類似の様相を示す文化があり,近縁関係にあるとされている。完新世に入り,湿潤化した砂漠の周辺部には多くの湖沼が現われ,カバまでもがいたことが確認されている。漁労を主に,狩猟,採集を従にした文化である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イシャンゴ遺跡の関連キーワードコンゴ民主共和国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android