コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバ カバ Hippopotamus amphibius; hippopotamus

4件 の用語解説(カバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバ
カバ
Hippopotamus amphibius; hippopotamus

偶蹄目カバ科。体長 4.6m,体高 1.5m,体重 4tになるといわれる。体はほとんど裸出しており,短い剛毛が散生する。体色は赤褐色ないし暗褐色で,体下面は桃色を帯びる。頭部は大きく,体が水中に没しても,耳,眼,鼻孔だけを水面に出すことができるようになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カバ【kava】

オセアニア地域で広く飲用されている麻酔性飲料。カバはコショウ科の草本性灌木カバPiper methysticum Forst.からつくられる。ポリネシアではカバ,アバ,アワ,ミクロネシアポナペ島ではシャカオとよばれる。メラネシアバヌアツフィジーでもカバを飲む習慣がある。カバはもともと伝統的な儀礼や行事の際に飲用された。とくにポリネシアでは,カバの作り方,飲み方,飲む順番などに,日本の茶の湯におけるような厳しい作法がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カバ【kava】

コショウ科の多年草。ポリネシア原産。根は塊形で刺激性の苦味がある。この根を砕いて水を加えて作るアルカロイド飲料は、オセアニアの広い地域で儀礼などに用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

カバ【Cava(スペイン)】


スペイン北東部のカタルーニャ地方に産する、白またはロゼのスパークリングワイン。カタルーニャ地方の醸造家コドルニュー家のホセ・ラベントスがシャンパンの製法を学び、1872年につくりはじめたとされる。辛口の銘柄が多い。◇「(地下の)酒蔵」の意。長期間熟成させる製法から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカバの言及

【嗜好品】より

…南アメリカでは酒類をつくるとき,発酵をうながすため原料をあらかじめ嚙んで,つぼの中にはき,それに水をそそいで酒をつくる風習があり,トウモロコシやマンディオカ(キャッサバ)からこのようにして酒をつくる。これと同じ方法で,ポリネシア人はカバPiper methysticum(コショウの1種)の木の根や葉からカバという飲物をつくる。この飲料はふつうアルコールは全然ふくんではいないが,軽い快感をもよおす成分をふくんでいる。…

【醸造酒】より

…世界の国々にはおおむねそれぞれ伝統的な醸造酒がある。代表的なものには,日本の清酒,中国の紹興酒(しようこうしゆ),フランスその他のブドウ酒やリンゴ酒,ドイツ,イギリスなどのビールなどがあり,ほかにヤシの樹液でつくる東南アジアのトディ,ウシ,ウマ,ヒツジ,ヤギなどの乳でつくるモンゴル,カフカスその他のクミズやケフィール,コショウ科低木の根を原料とするポリネシアのカバなども知られる。 醸造酒は単発酵酒と複発酵酒に大別される。…

【ポリネシア人】より

…衣服はクワ科植物の内皮をたたきのばしたタパtapaと呼ばれる樹皮布が織布の代りに用いられ,すぐれた品質をもっていた。ポリネシアではアルコール性飲料は知られず,コショウ科の植物からつくられたカバは麻酔性があり,首長の会合などのとき特別な作法で飲まれた。このような会合の場合,人々はたくさんの食物を首長に献じたが,これら食物は首長が独占するのではなく,人々に再分配されなければならず,この再分配を専門職とするものがいた。…

※「カバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カバの関連キーワードオセアニア静脈麻酔鍼麻酔ペチャネオパーク沖縄日本オセアニア学会オセアニア通貨オセアニア語派野生稲《オセアニアにおける文化圏と文化層》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カバの関連情報