コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラー いすらー

1件 の用語解説(イスラーの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスラー
いすらー
Isr'

イスラム教において、預言者ムハンマドマホメット)が翼をもつ天馬ブーラークに乗り、メッカからエルサレムに飛んだという「夜の旅」の奇跡。これは、コーランに表れるムハンマドの数少ない奇跡の一つで、「聖なるモスクから、遠隔のモスクまで、その僕(しもべ)を、夜の旅に連れ出したもうたお方に栄光あれ」(17章1節)に基づいている。「聖なるモスク」がメッカのカーバ神殿を、「僕」がムハンマドを意味することは古来から解釈が一定している。「遠隔のモスク」は、初期の解釈では天国を意味していたが、ウマイヤ朝になってエルサレムの神殿に比定された。しかし天国への旅のモチーフも保存されたので、ムハンマドはまず天馬に乗ってエルサレムに旅し(イスラー)、それから光の梯子(はしご)に登って天上飛行(ミュラージュ)したと考えられるようになった。なお、女面の天馬ブーラークに乗って空を飛ぶムハンマドは、しばしばミニアチュール(細密画)の題材となっている。[竹下政孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイスラーの言及

【ミーラージュ】より

…後にはとくに〈ムハンマドの昇天〉の意に用いられるようになった。コーランは神を天国に至る〈はしごの主〉であると述べ(70:3)ており,またムハンマドを連れて聖なる礼拝堂al‐masjid al‐ḥarāmから遠隔の礼拝堂al‐masjid al‐aqṣāまで夜の旅(イスラーisrā’)をしたと記している(17:1)。聖なる礼拝堂とはメッカのカーバを指し,遠隔の礼拝堂とは天国を意味したが,後世のハディース(伝承)は遠隔の礼拝堂をエルサレムの神殿に比定し,ムハンマドは天使ガブリエルに連れられて,翼のある天馬(ブラークBurāq)に乗り,エルサレムに旅してそこから光のはしごを登って昇天し,神の御座にひれ伏したと伝えている。…

※「イスラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イスラーの関連情報