イズハハコ(読み)いずははこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イズハハコ
いずははこ
[学]Conyza japonica (Thunb.) Less.

キク科の一年草または越年草。茎は直立し、高さ25~55センチメートル、全体に灰白色の軟毛がある。葉が基部にややロゼット状に集まるので、花茎状となる。4~6月、茎頂に数個から十数個の頭花が密につき、開く。雌性の小花は頭花の縁(へり)に多列あるが、花冠は細く、花柱より短い。両性花は頭花の中央に少数ある。花期後に冠毛が伸長し、個々の頭花は綿玉のようになる。別名ワタナはこの花のようすに由来する。関東地方以西から沖縄にかけての日当りのよい崖(がけ)などに生え、中国、東南アジアからアフガニスタンにかけて広く分布する。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android