コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソニナ イソニナJapeuthria ferrea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソニナ
Japeuthria ferrea

軟体動物門腹足綱エゾバイ科。高 4cm,殻径 1.8cm。殻は紡錘形で,螺層は多少ふくらむ。殻表は平滑で光沢があり,灰緑色地に褐色の斑条がある。殻口は卵形,短い水管をもち,内面は濃紫色で細い筋がある。ふたは黄褐色で長卵形。房総半島以南の西太平洋の潮間帯の岩磯によくみられる種で,雌は雄より大型になる。近縁種シマベッコウバイ J. cingulataは,黄褐色地に黒い横縞のある殻をもち,四国以南の潮間帯岩磯にすんでいる。東北から北海道には細長く,縦肋の強いエゾイソニナ Searlesia fuscolabiataが分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソニナ
いそにな / 磯蜷
[学]Japeuthria ferrea

軟体動物門腹足綱エゾバイ科の巻き貝。房総半島以南の日本各地から西太平洋一帯に分布し、潮間帯の岩礫(がんれき)底にごく普通にみられる。殻高40ミリメートル、殻径18ミリメートルぐらいになり、殻の表面は灰緑色の地で、とぎれとぎれに暗褐色の筋(すじ)や斑(はん)がある。殻全体は紡錘形で体層はよく膨らみ、殻口は卵形で、その内面は濃紫色を帯び細い筋があって、水管は短い。蓋(ふた)は長卵形で黄褐色を帯びた革質。雌は雄よりやや大きく太くなり、殻軸の黄色みが強い。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イソニナの関連キーワードカニモリガイ腎細胞がんエスカルゴカニモリガイ(蟹守貝)カヤラントガリバガ(尖翅蛾)百万塔フクロユキノシタブレチネイデラウメボシイソギンチャク

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android