イデユコゴメ(英語表記)Cyanidium caldarium (Tilden) Geitler

世界大百科事典 第2版の解説

イデユコゴメ【Cyanidium caldarium (Tilden) Geitler】

世界各地の温泉中に好んで生育するイデユコゴメ科の単細胞性の特異な紅藻で,89℃の高温の温泉から採集された記録もある。体は白色がかった緑色で,球形または球形に近い単細胞であるが,多数群生するので全体の様子は緑白色の粉末をまき散らしたようである。細胞は直径約5μmまたはそれ以下で,1個の核と1個の膜状葉緑体をもつ。従来,この藻の分類上の所属にはいろいろと問題があったが,葉緑体が2枚の限界膜に包まれること,クロロフィルaのほかにフィコビリン色素をもつことから,現在では紅藻類と判断されるにいたった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android