コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イデユコゴメ Cyanidium caldarium (Tilden) Geitler

1件 の用語解説(イデユコゴメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イデユコゴメ【Cyanidium caldarium (Tilden) Geitler】

世界各地の温泉中に好んで生育するイデユコゴメ科の単細胞性の特異な紅藻で,89℃の高温の温泉から採集された記録もある。体は白色がかった緑色で,球形または球形に近い単細胞であるが,多数群生するので全体の様子は緑白色の粉末をまき散らしたようである。細胞は直径約5μmまたはそれ以下で,1個の核と1個の膜状の葉緑体をもつ。従来,この藻の分類上の所属にはいろいろと問題があったが,葉緑体が2枚の限界膜に包まれること,クロロフィルaのほかにフィコビリン色素をもつことから,現在では紅藻類と判断されるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone