コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イドリース・アローマ Idris Alawma

1件 の用語解説(イドリース・アローマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イドリース・アローマ【Idris Alawma】

中部アフリカのチャド湖周辺を支配したカネム・ボルヌー帝国の王。生没年不詳。1570年ごろから17世紀初頭まで活躍,この帝国に最盛期をもたらした王として名高い。即位直後のメッカ巡礼(帝国は11世紀末以来イスラム国)の際に銃と弾薬の威力を知り,トルコ人の軍事教官を連れてきて兵にその扱い方を学ばせた。これを元来あった騎兵隊にもたせて軍事力を飛躍的に強化し,トゥアレグ族を北辺に追いやるなど,国を脅かす勢力を駆逐した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イドリース・アローマの関連キーワードチャドチャド湖アフリカ舞舞チャド諸語南アフリカSADCCCEEACCFAフラン汎アフリカ主義アフリカの女王

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone