イドリース・アローマ(英語表記)Idris Alawma

世界大百科事典 第2版の解説

イドリース・アローマ【Idris Alawma】

中部アフリカのチャド湖周辺を支配したカネム・ボルヌー帝国の王。生没年不詳。1570年ごろから17世紀初頭まで活躍,この帝国に最盛期をもたらした王として名高い。即位直後のメッカ巡礼(帝国は11世紀末以来イスラム国)の際に銃と弾薬の威力を知り,トルコ人の軍事教官を連れてきて兵にその扱い方を学ばせた。これを元来あった騎兵隊にもたせて軍事力を飛躍的に強化し,トゥアレグ族北辺に追いやるなど,国を脅かす勢力を駆逐した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android