計量単位(読み)けいりょうたんい

百科事典マイペディアの解説

計量単位【けいりょうたんい】

日本の計量法での規定。同法では,物象の状態の量を計ることを計量といい,計量の基準となるものを計量単位と定義している。具体的には,長さ・質量・時間・電流・温・物質量・光度・面積・体積・速さ等72の量に対する単位,および繊度・比重など18の量に対する単位を措定している。取引・証明に用いる単位は法定計量単位に限られる。→計量法メートル法尺貫法
→関連項目度量衡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報