イナゴマメ(英語表記)Ceratonia siliqua; carob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イナゴマメ
Ceratonia siliqua; carob

マメ科の常緑高木で,東地中海原産。高さ 15mにも達する。観賞用またはをとる目的で植えられる。小アジア,シリアなどにも生え,その栽培は有史以前といわれる。樹形はこんもりとした球状で美しい。葉は羽状複葉。花は総状花序につき,花弁はなくおしべが黄または紅色。蜜源になる樹木である。莢は長さ 15~20cm,幅 3cmで中に5~15個の種子がある。莢の内側の果肉には 50%の糖分を含み,「野生の蜜」と呼ばれそのまま食べられ,またシロップ,砂糖の代用や菓子の原料となる。また動物の飼料としても重要でパレスチナやシリアからは外国へ輸出している。昔,荒野をさまよったバプテスマのヨハネの食べ物となったのはこの莢であるといわれ,St. John's breadという別名もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android