コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバノボ州 イバノボIvanovo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イバノボ〔州〕
イバノボ
Ivanovo

ロシア西部の州。州都イバノボ。モスクワの北東方にある州で,標高 100~150mの波状の丘陵から成り,北東部をボルガ川が流れる。氷河作用を受け,湖や湿地帯が多い。針葉樹林地帯に入る。都市化が進み,住民の多くが都市部に集中する。 18世紀以来繊維工業が発達し,現在,綿織物を中心に麻織物,縫製などの大規模な工場がイバノボ,キネシマシューヤビチュガなどの都市に立地する。ほかに食品工業 (食肉,醸造,製粉) や,繊維工業と関連する機械・化学工業もある。農業部門では近郊農業,畜産が盛んで,アマの産地である。また泥炭の採掘も行われ,火力発電用の燃料に利用される。ボルガ川の水運が盛んなほか,鉄道・ハイウェー網が発達している。面積2万 3900km2。人口 131万 6400 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イバノボ州の関連キーワードロシア連邦テイコボ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android