コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバラノリ

2件 の用語解説(イバラノリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

イバラノリ

からだは円柱状で紐のように長い。枝は各方面に不規則に分枝し,さらに棘状の小枝を密生する。また,枝は末端ほど細くなっていき先端は尖る。基部付近では 互いに絡み合い,全体で大きな塊を形成する事もある。手ざわりは硬さを感じるものの非常にもろく,ブチブチと容易に折れやすい。生体は,黄色に近い明るい 色や濃緑色のもの・紅色に近いものなど変化に富む。 押し葉標本は台紙につくがはがれやすい。銚子ではスジイバラノリとともに夏に多くみられる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イバラノリ【Hypnea】

寒海域を除く世界各地の海に分布するイバラノリ科の海産紅藻(イラスト)。体は円柱状または扁平で,分枝した枝は互いに絡み合って全体はかたまりをつくるものが多い。高さは10~20cmのものが多いが,さらに大きくなる種類もある。日本沿岸だけでも10種以上が生育し,よく見られる種類として,イバラノリH.charoides Lamour.,サイダイバラH.saidana Holmes,タチイバラH.variabilis Okamura,カギイバラノリH.japonica Tanakaなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イバラノリの関連キーワードオニヒトデグロビゲリナ齧歯類リス足無蜥蜴小鰯鯨薔薇鼠鮫粒度分布

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone