イピランガの叫び(読み)イピランガのさけび(英語表記)Grito de Ypiranga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「イピランガの叫び」の解説

イピランガの叫び
イピランガのさけび
Grito de Ypiranga

1822年9月7日,ポルトガル皇太子ドン・ペドロ (のちのペドロ1世 ) がサンパウロ市郊外のイピランガ小丘で本国からの帰国命令を受取った際,ポルトガル軍章をもぎ取り馬上高らかに「独立かそれともか」と叫んだ劇的行為。これがブラジル独立宣言と考えられて独立記念日となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android