独立宣言(読み)ドクリツセンゲン

デジタル大辞泉の解説

どくりつ‐せんげん【独立宣言】

アメリカ合衆国がその独立に際して発した宣言。1776年7月4日、ジェファーソン起草した宣言文を大陸会議で可決、公表された。ジョン=ロック自然法思想に基づいて、自由・平等・幸福の追求を人間の天賦権利として主張、この権利を守るために独立すると宣言している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくりつせんげん【独立宣言】

1776年7月4日アメリカがイギリスから独立する理由・理念を内外に示した宣言。 T =ジェファーソンが起草。自由・平等・幸福の追求を天賦の権利として主張している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どくりつ‐せんげん【独立宣言】

〘名〙
① 独立を宣言すること。また、その宣言。
② 特に、アメリカ合衆国がその独立に際して発した宣言。一七七六年七月四日、イギリス領アメリカの一三植民地が本国からの分離を主張、トーマス=ジェファーソンが起草した宣言文を大陸会議で可決、公表された。ジョン=ロックの自然法思想に基づいて、自由・平等・幸福の追求を人間の天賦の権利として主張、この権利を守るために独立すると宣言している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独立宣言の関連情報