独立宣言(読み)どくりつせんげん

精選版 日本国語大辞典「独立宣言」の解説

どくりつ‐せんげん【独立宣言】

〘名〙
① 独立を宣言すること。また、その宣言。
② 特に、アメリカ合衆国がその独立に際して発した宣言。一七七六年七月四日、イギリス領アメリカの一三植民地が本国からの分離主張トーマス=ジェファーソンが起草した宣言文を大陸会議可決、公表された。ジョン=ロックの自然法思想に基づいて、自由・平等・幸福の追求を人間の天賦の権利として主張、この権利を守るために独立すると宣言している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「独立宣言」の解説

どくりつ‐せんげん【独立宣言】

アメリカ合衆国がその独立に際して発した宣言。1776年7月4日、ジェファーソンが起草した宣言文を大陸会議で可決、公表された。ジョン=ロック自然法思想に基づいて、自由・平等・幸福の追求を人間の天賦の権利として主張、この権利を守るために独立すると宣言している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android