コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフ城 イフジョウ

デジタル大辞泉の解説

イフ‐じょう〔‐ジヤウ〕【イフ城】

Château d'If》フランス南部、ブーシュ‐デュ‐ローヌ県、地中海に面する港湾都市マルセイユの沖合2キロメートルに浮かぶイフ島にある城。16世紀に要塞として建造され、後に政治犯の監獄になった。大デュマの小説「モンテクリスト伯」で主人公が幽閉された城としても知られる。シャトーディフ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

イフ城の関連キーワードシャトーアゼールリドー城アンジェ城アンヌボア城アンボアーズ城アンボワーズ城オークニクスブール城カーン城ガイヤール城カステルノー城

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone