コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アルクーティーヤ(英語表記)Ibn al‐Qūṭīya

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アルクーティーヤ【Ibn al‐Qūṭīya】

?‐978
西ゴート王族の血をひく名門の出身で,後ウマイヤ朝に臣従した。詩文文法学伝承学等に長じ,晩年には裁判官もつとめた当代碩学。著作としては優れた文法書のほかに,《アンダルス征服史》が残されている。この史書には多くの異本があり,不正確な情報も混入しているが,文献の希少なこの時代の歴史研究にはきわめて重要である。9世紀のコルドバの宮廷生活を中心とした貴重な伝承逸話は,当時の歴史,風俗を知るための不可欠の資料となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報