コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アルムカッファー Ibn al‐Muqaffa‘

1件 の用語解説(イブン・アルムカッファーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アルムカッファー【Ibn al‐Muqaffa‘】

720‐756
アッバース朝カリフ,マンスールの書記(カーティブ)。サンスクリットの動物寓話《パンチャタントラ》の中世ペルシア語訳を《カリーラとディムナ》の名で,またササン朝宮廷文学アラビア語に翻訳したほか,独創的な倫理・教訓論や政治論を著した。イラン系貴族の血を引きイスラムへの改宗は晩年で,内心ゾロアスター教,マニ教などを信じるザンダカ主義者の嫌疑を受けて処刑された。新しい概念と語彙とをアラビア語に導入し,徳性,倫理を主題とするアダブ文学を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のイブン・アルムカッファーの言及

【アラブ文学】より

…これはアブド・アルハミード・アルカーティブ‘Abd al‐Ḥamīd al‐Kātib(?‐750)によって確立された。彼の弟子イブン・アルムカッファーおよびジャーヒズを経てアラブ散文文学,アダブadab文学(アダブは,アラビア語で礼儀作法,教養を表す)は頂点に達する。
[アッバース朝時代]
 8世紀に入るとアラブ文学の中心地はイラクの都市に移った。…

※「イブン・アルムカッファー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブン・アルムカッファーの関連キーワードアッバース朝ウマイヤ朝ジャーヒズブワイフ朝オスマン帝国イスラム帝国サーマーン朝ハールーンアッラシードペアリフトアナバルザ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone