コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アルムカッファー Ibn al‐Muqaffa‘

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アルムカッファー【Ibn al‐Muqaffa‘】

720‐756
アッバース朝カリフ,マンスールの書記(カーティブ)。サンスクリットの動物寓話《パンチャタントラ》の中世ペルシア語訳を《カリーラとディムナ》の名で,またササン朝の宮廷文学アラビア語に翻訳したほか,独創的な倫理・教訓論や政治論を著した。イラン系貴族の血を引きイスラムへの改宗は晩年で,内心ゾロアスター教,マニ教などを信じるザンダカ主義者の嫌疑を受けて処刑された。新しい概念と語彙とをアラビア語に導入し,徳性,倫理を主題とするアダブ文学を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイブン・アルムカッファーの言及

【アラブ文学】より

…これはアブド・アルハミード・アルカーティブ‘Abd al‐Ḥamīd al‐Kātib(?‐750)によって確立された。彼の弟子イブン・アルムカッファーおよびジャーヒズを経てアラブ散文文学,アダブadab文学(アダブは,アラビア語で礼儀作法,教養を表す)は頂点に達する。
[アッバース朝時代]
 8世紀に入るとアラブ文学の中心地はイラクの都市に移った。…

※「イブン・アルムカッファー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・アルムカッファーの関連キーワードアイストゥルフ玄宗正倉院旭酒造株式会社アブド・アッラフマーン[1世]後ウマイヤ朝後ウマイヤ朝アブドゥル・ラフマーン(1世)イスラム帝国宦官

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android