イブン・マーサワイフ(英語表記)Ibn Māsawayh

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・マーサワイフ【Ibn Māsawayh】

777‐857
アッバース朝の医者。薬剤師であり,バグダード宮廷の侍医でもあった父の末子として生まれる。初め聖職者を志すが,ジュンディーシャープールの医学校に学び,教授に就任。後にマームーン以下数代のカリフの侍医を務めた。ギリシア語医書の翻訳のため,文献を収集。バイト・アルヒクマ(〈知恵の館〉の意)建設にも協力した。主著《眼の疾患》は現存するアラビア眼科医書で最古のもの。ギリシア人の知らぬ症状を収録し,〈イエメン明礬〉〈イスファハーンアンチモニー〉〈スマトラ産樟脳〉などの新薬物を紹介した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android