コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・マーサワイフ Ibn Māsawayh

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・マーサワイフ【Ibn Māsawayh】

777‐857
アッバース朝の医者。薬剤師であり,バグダードの宮廷の侍医でもあった父の末子として生まれる。初め聖職者を志すが,ジュンディーシャープール医学校に学び,教授に就任。後にマームーン以下数代のカリフの侍医を務めた。ギリシア語医書の翻訳のため,文献を収集。バイト・アルヒクマ(〈知恵の館〉の意)建設にも協力した。主著《眼の疾患》は現存するアラビア眼科医書で最古のもの。ギリシア人の知らぬ症状を収録し,〈イエメン明礬〉〈イスファハーンアンチモニー〉〈スマトラ産樟脳〉などの新薬物を紹介した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・マーサワイフの関連キーワードフナイン・ブン・イスハークバイトゥル・ヒクマ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android