コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・マーサワイフ Ibn Māsawayh

1件 の用語解説(イブン・マーサワイフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・マーサワイフ【Ibn Māsawayh】

777‐857
アッバース朝の医者。薬剤師であり,バグダードの宮廷の侍医でもあった父の末子として生まれる。初め聖職者を志すが,ジュンディーシャープールの医学校に学び,教授に就任。後にマームーン以下数代のカリフの侍医を務めた。ギリシア語医書の翻訳のため,文献を収集。バイト・アルヒクマ(〈知恵の館〉の意)建設にも協力した。主著《眼の疾患》は現存するアラビア眼科医書で最古のもの。ギリシア人の知らぬ症状を収録し,〈イエメンの明礬〉〈イスファハーンアンチモニー〉〈スマトラ産樟脳〉などの新薬物を紹介した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブン・マーサワイフの関連キーワードアッバース朝ジャーヒズサーマーン朝手医者バグダッド専門薬剤師調剤師日本病院薬剤師会日本薬剤師会ハールーンアッラシード

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone