コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イプソスの戦 イプソスのたたかい

1件 の用語解説(イプソスの戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イプソスのたたかい【イプソスの戦】

アレクサンドロス大王死後の帝国領相続をめぐる後継者戦争期の重要な会戦。カッサンドロス(マケドニア),プトレマイオス1世(エジプト),リュシマコス(トラキア)ら帝国領の分割をはかる諸将は,前321年の協定で帝国軍の指揮権継承を公認されたアンティゴノス1世が帝国の統一支配権の掌握を狙うのに連合して対抗し,前301年小アジア中部フリュギアのイプソスIpsosで会戦,この戦いでアンティゴノスは敗死した。ディアドコイ【大牟田 章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のイプソスの戦の言及

【セレウコス[1世]】より

…前305年王を称した。前301年イプソスの戦でシリア(南部のコイレ・シリアを除く)を獲得,地中海への出口を得て,以後は政策の重点を西方におく。前281年コルペディオンの戦により小アジアの大部分を獲得,さらにトラキア,マケドニアをも征服せんとしたが,途上で殺された。…

※「イプソスの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone