コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イメージセンサ イメージセンサimage sensor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イメージセンサ
image sensor

相補性金属酸化膜半導体 CMOSや電荷結合素子 CCDなどの,対象物体の光(物理量)の像をその光の強度に応じた電気的信号(電気量)に変換する撮像デバイス撮像素子ともいう。そのほか,温度,圧力,超音波などで空間的変化を測定し,画像として描出する機器(熱の分布をみるサーモグラフィ,超音波で断層像をみる超音波診断装置など)もイメージセンサに含まれることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イメージセンサの関連キーワード有機薄膜CMOSイメージセンサー撮像センサーシフト式手ぶれ補正フォーカルプレーンシャッター有機CMOSイメージセンサーCMOSシフト式手ぶれ補正裏面照射型CMOSセンサーCMOSイメージセンサーCCDシフト式手ぶれ補正デジタル一眼レフカメラCCDイメージセンサーCMOSセンサーメカニカルバック電荷転送デバイスイメージセンサーエリアセンサーCCDセンサーライブビューフォーサーズブルーミング画像入力装置

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イメージセンサの関連情報