コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヨカズラ(伊予葛) イヨカズラCynanchum japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヨカズラ(伊予葛)
イヨカズラ
Cynanchum japonicum

ガガイモ科多年草。別名スズメノオゴケ。本州,四国,九州,アジア東部に分布し,海岸近くの草地や薮に生える。茎,葉の両面脈上および花序に毛がある。茎は高さ 30~60cmで,上方はややつる状となる。葉は対生し質が厚く,楕円形または倒卵形で,先端は円形または短くとがる。5~7月,散形花序腋生しやや密に花をつける。花冠は5深裂し淡黄白色を帯び,副花冠は直立しずい柱とほぼ同長。果実は広披針形。種子は広卵形で狭い翼があり,端に絹糸状の毛がある。変種のシロバナクサタチバナ C.japonicum var.alviflorumは葉が薄く,花は白色でやや大型。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone