コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワアカバナ いわあかばな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワアカバナ
いわあかばな / 岩赤花
[学]Epilobium cephalostigma Hausskn.

アカバナ科の多年草。茎は高さ15~60センチメートル、多く分枝し全面に細かい屈毛がある。葉は長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で先はとがり、基部はくさび形で短い柄がある。花期は7~8月。ケゴンアカバナに似るが、茎の全面に毛のあることで区別できる。北海道から九州にかけての山地の水湿地に生え、樺太(からふと)(サハリン)、南千島、中国にも分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイワアカバナの言及

【アカバナ(赤花)】より

…果実は蒴果(さくか)で,4片に裂開し,種子は多数あって先に種髪をつける。近縁種にイワアカバナE.cephalostigma,ヒメアカバナE.faurieiがある。
【アカバナ科Onagraceae】
 多くは多年草であり,一年草や低木は少ない。…

※「イワアカバナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イワアカバナの関連キーワードアカバナ(多年草)アカバナ(赤花)ケゴンアカバナ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android