インカーネーション(読み)いんかーねーしょん(英語表記)incarnation

翻訳|incarnation

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神が人間の形をとること。「肉体化」を意味するラテン語インカルナーティオーに由来する。受肉、託身ともいう。神が一時的に人間の姿に変わることとは区別される。インカーネーションの思想は種々の宗教のなかにみられるが、とりわけキリスト教では、三位(さんみ)一体の第二位格である子が、イエスにおいて人間として歴史に現れたことを意味し、基本的な教理となっている。ここには、イエスは「真の人」であり、「真の神」であるという逆説が含まれる。この教理の主要な聖書的根拠である「ヨハネ伝福音書(ふくいんしょ)」(1章14)は、世界に先だって存在し、神の世界創造に仲保者(ちゅうほしゃ)として関与し、永遠の命をもち、神ともよばれる「言(ことば)(ロゴス)が肉体となった」と宣言している。こうしてイエスは神としてのロゴスの受肉者であり、神の完全な啓示者であるが、人間に対する神の救済的意志の啓示は十字架と復活に至るイエスのできごと全体において与えられるので、受肉の教理はそのすべてにかかわる。

[川島貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android