コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インキュベーション インキュベーションincubation

翻訳|incubation

2件 の用語解説(インキュベーションの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

インキュベーション(incubation)

《抱卵・培養・保育の意》設立して間がない新企業に国や地方自治体などが経営技術・金銭・人材などを提供し、育成すること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インキュベーション
incubation

起業や新事業の創出を支援し,その成長を促進させること。ビジネス・インキュベーション business incubation; BIともいう。英語で「卵が孵化する」という意味から転じて,新規事業の立ち上げを支えながら育成するという意味の経済用語として用いられるようになった。インキュベーションを行なう団体・組織であるインキュベーターは,オフィスなど必要な施設や環境を用意して新規事業者に貸し出し,オフィスにはインキュベーション・マネージャーを常駐させ,専門的なアドバイスを行ないながら事業を管理,育成する。1950年代のアメリカ合衆国ニューヨーク州バテービアで,工場主のジョゼフ・マンキューソが,閉鎖した工場の建物を区分けして貸し出すとともに,入居してきた小規模商店に対して資金調達の援助と経営のアドバイスを行なったことが始まりとされる。世界的な組織に International Business Innovation Association; InBIAがある。日本では 1999年,日本新事業支援機関協議会が設立されたが 2008年解散。2009年日本ビジネス・インキュベーション協会が新たに設立された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インキュベーションの関連情報