コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イングリア Ingria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イングリア
Ingria

フィンランド湾に面し,ラドガ湖とペイプス湖にはさまれた平坦な地方。このロシア名は,フィンランド語では Ingerinmaa,一般には Ingermannlandの名で知られている。地名の由来はスウェーデンから来住した「放牧民の土地」に基づく。長く,ノブゴロドモスクワ大公国に所属したが,16~17世紀にはスウェーデンとの紛争が絶えなかったが,1721年のニスタットの和約でロシアに併合された。中心都市はサンクトペテルブルグ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イングリアの関連キーワードニスタット条約ウラル系諸族大北方戦争ウォート語北欧史

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android