イングリア(英語表記)Ingria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イングリア
Ingria

フィンランド湾に面し,ラドガ湖とペイプス湖にはさまれた平坦な地方。このロシア名は,フィンランド語では Ingerinmaa,一般には Ingermannlandの名で知られている。地名の由来はスウェーデンから来住した「放牧民の土地」に基づく。長く,ノブゴロドモスクワ大公国に所属したが,16~17世紀にはスウェーデンとの紛争が絶えなかったが,1721年のニスタットの和約でロシアに併合された。中心都市はサンクトペテルブルグ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android