コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イングリッシュ・ホルン(コーラングレ)[En-glish horn / corno Inglese(仏) / E.Hrn] イングリッシュホルン

1件 の用語解説(イングリッシュ・ホルン(コーラングレ)[En-glish horn / corno Inglese(仏) / E.Hrn]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

イングリッシュ・ホルン(コーラングレ)[En-glish horn / corno Inglese(仏) / E.Hrn]

イングリッシュ・ホルンは、コーラングレ(Cor Anglais)とも呼ばれ、オーボエよりも5度低い移調楽器。つまり、楽譜上のCの音は、5度低いFの音となって発音される。オーボエの同族楽器だが、音域が低い分、管が長く、また、ベル(あさがお)が、球状にふくらんでいる点が異なっている。17世紀頃、ショームから生まれたといわれ、オーボエ・ダ・カッチャ(狩りのオーボエ)と呼ばれたこともあった。18世紀には、一般に曲がった管で、中にはオーボエのようなベルをもつものもあったが、19世紀に、直管と球状ベルに定着した。19世紀中頃から、大編成の管弦楽にはしばしば用いられるようになった。ベルリオーズの「幻想交響曲」の第3楽章では、イングリッシュ・ホルンとオーボエによる羊飼いの笛の対話に始まる。また、フランクの「交響曲ニ短調」の第2楽章のゆるやかな旋律を、この楽器が柔らかく歌い上げている。そのほか、ベルリオーズの「ローマの謝肉祭」序曲、ロッシーニの「ウィリアム・テル」序曲、ドボルザークの交響曲「新世界より」でも、イングリッシュ・ホルンの独奏が聴かれ、親しまれている。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イングリッシュ・ホルン(コーラングレ)[En-glish horn / corno Inglese(仏) / E.Hrn]の関連キーワードコーラングレイングリッシュイングリッシュガーデンイングリッシュホルンキングズイングリッシュクイーンズイングリッシュブロークンイングリッシュイングリッシュグリップジャングリッシュピジンイングリッシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone