コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドボルザーク ドボルザーク Dvořák, Antonin

4件 の用語解説(ドボルザークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドボルザーク
ドボルザーク
Dvořák, Antonin

[生]1841.9.8. プラハ近郊ネラホゼベス
[没]1904.5.1. プラハ
チェコの代表的作曲家。 1857年からプラハのオルガン学校に学ぶ。 61~71年民族運動の高まりのなかから生れたチェコ歌劇場の管弦楽団ビオラ奏者。 73年愛国的な合唱賛歌『白山の後継者たち』によって作曲家としてデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドボルザーク(Antonín Dvořák)

[1841~1904]チェコの作曲家。民族舞曲やボヘミアの題材を取り入れたチェコ民族音楽第一人者。作品に、交響曲「新世界より」、ピアノ三重奏曲「ドゥムキー」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドボルザーク

ドボルジャーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ドボルザーク【Antonín Dvořák】

1841~1904) ボヘミア生まれの作曲家。ビオラ奏者であったが、ほぼ独学で作曲を学び、ブラームスに認められた。イギリス・アメリカなどで国際的に活躍。チェコ民族の喜びと悲しみに根ざした作風で、様々な分野に数多くの作品を残した。作品「新世界より」「アメリカ」「スラブ舞曲」「チェロ協奏曲」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドボルザークの関連キーワード羽田月洲スタンリーリソコラカルナト卵状体絵馬屋額祐(3代)川島宇一郎コンドラテンコ伊達邦成中尾捨吉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドボルザークの関連情報