コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドボルザーク Dvořák, Antonin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドボルザーク
Dvořák, Antonin

[生]1841.9.8. プラハ近郊ネラホゼベス
[没]1904.5.1. プラハ
チェコの代表的作曲家。 1857年からプラハのオルガン学校に学ぶ。 61~71年民族運動の高まりのなかから生れたチェコ歌劇場の管弦楽団のビオラ奏者。 73年愛国的な合唱賛歌『白山の後継者たち』によって作曲家としてデビュー。 75年からオーストリア政府の奨学金を受けるようになり,その奨学金の審査員であった E.ハンスリックブラームスと知合う。 84~96年の間に9回訪英。その間 1890年プラハ音楽院作曲科教授。 92年渡米,95年までニューヨーク国立音楽院院長,作曲科教授。 1901年オーストリア終身上院議員,プラハ音楽院院長。代表作『スタバト・マーテル』 (1877) ,『スラブ舞曲』 (78,87) ,オペラ『ディミトリ』 (82) ,ピアノ三重奏曲『ドゥムキー』 (91) ,交響曲『新世界より』 (93) ,弦楽四重奏曲『アメリカ』 (93) ,オペラ『ルサルカ』 (1900) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドボルザーク

ドボルジャーク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ドボルザーク【Antonín Dvořák】

1841~1904) ボヘミア生まれの作曲家。ビオラ奏者であったが、ほぼ独学で作曲を学び、ブラームスに認められた。イギリス・アメリカなどで国際的に活躍。チェコ民族の喜びと悲しみに根ざした作風で、様々な分野に数多くの作品を残した。作品「新世界より」「アメリカ」「スラブ舞曲」「チェロ協奏曲」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ドボルザークの関連キーワードドヴォルザーク(Antonín Dvořák)ドヴォルザーク(Max Dvořák)スーク((1874―1935))謝肉祭(シューマンのピアノ曲集)スーク((1929―2011))スタバト・マーテル・ドロローサルードルフ フリムルラドミル エリシュカモラビア二重唱曲集三つのスラブ狂詩曲レナード ローズボヘミアの森から自然と人生と愛ヨゼフ スークゼードルマイア弦楽セレナードズロニツェの鐘アメリカ音楽ジプシーの歌ユーモレスク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドボルザークの関連情報