コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッシーニ ロッシーニ Rossini, Gioacchino Antonio

7件 の用語解説(ロッシーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッシーニ
ロッシーニ
Rossini, Gioacchino Antonio

[生]1792.2.29. ペザロ
[没]1868.11.13. パリ近郊パシー
イタリアの作曲家。音楽家の両親の教えを受け,早くから教会で歌ったり,歌劇に出演していたが,1807年にボローニャ音楽学校に入学。在学中に劇場作品を発表し,成功を収めた。 16年にローマで『セビリアの理髪師』で名声を博し,続いて『オテロ』 (1816) ,『泥棒かささぎ』 (17) などを発表,オペラ・ブッファ作曲家としての地位を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロッシーニ(Gioacchino Antonio Rossini)

[1792~1868]イタリアの作曲家。流麗な旋律と巧みな劇的展開により、イタリアオペラの伝統を発展させた。作品に「セビリアの理髪師」「ウィリアム=テル」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロッシーニ

イタリアの作曲家。イタリア中部のペーザロに生まれ,ボローニャで少年時代を送る。F.J.ハイドンモーツァルトの楽譜で古典派の作曲技法を早々とマスターし,12歳で《弦楽のためのソナタ集》を作曲。
→関連項目イングリッシュ・ホルンオテロサンタ・クローチェ教会ジュリーニスタバト・マーテルパイジェロフィガロの結婚マシン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ロッシーニ

イタリアの作曲家。父は金管楽器奏者、母は歌手であった。少年期には歌唱、作曲、楽器演奏の活動を行う。05年にボローニャのコルソ劇場でオペラに出演(少年役)。06年ボローニャ音楽学校に入学。対位法理論や< ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロッシーニ【Gioacchino Rossini】

1792‐1868
イタリアの作曲家。ベリーニドニゼッティとともに19世紀初頭のイタリア・オペラ界に黄金時代を築いた。ボローニャの音楽学校で学び,1810年卒業。同年早くもベネチアでオペラを発表した。以後,29年にパリで初演されたシラーの戯曲による《ウィリアム・テル》に至るまで,38曲のオペラをベネチア,ミラノナポリ,ローマ,パリなどで発表した。しかし,人生半ばでオペラ作曲の筆を絶ち,後半生はパリに住んで宗教曲やウィットに富んだ歌曲などを作曲した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ロッシーニ【Gioacchino Rossini】

1792~1868) イタリアの作曲家。流麗な旋律と、登場人物の性格描写に優れた数々のオペラを作曲した。代表作「セビリアの理髪師」「ギヨーム=テル(ウィリアム=テル)」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロッシーニ
ろっしーに
Gioacchino Rossini
(1792―1868)

1810年代、20年代にヨーロッパ全域にもっとも影響力のあったイタリアのオペラ作曲家。2月29日、アドリア海に面する小都市ペザロに生まれる。幼時から音楽的才能を発揮したが、両親がボローニャに定住した1804年ごろから正式に音楽を学んだ。06年、同市の音楽院に入学、積極的に作曲を試みた。10年に卒業、2年後にベネチア初演の『幸福な思いちがい』で成功、オペラ作曲家として知られるようになり、同年『試金石』をミラノのスカラ座で上演、大成功を収めた。翌13年ベネチアで『ブルスキーノ氏』、彼のオペラ・セリアとしては第一作にあたる『タンクレディ』、そして『アルジェのイタリア女』を上演、いずれも成功した。
 1815年、彼はナポリでオペラ・セリア『イギリスの女王エリザベス』を上演、ここでも人気を集めたが、ナポリ王立音楽院院長で当時のオペラ・ブッファの大家パイジェッロはこれを快く思わず、その妨害により、翌16年の『セビーリャの理髪師』ローマ初演は失敗に終わった。しかし、この作品は上演を重ねるたびに人々を魅了し、ロッシーニの名を高めた。その後ナポリ、ローマ、ミラノ、ベネチアの歌劇場のために、22年ボローニャに帰るまでに20曲に近いオペラを作曲、そのなかには『オテロ』(1816)、『シンデレラ』(1817)、『湖上の美人』(1819)などがある。22年3月、彼はスペイン出身の歌手イサベラ・コルブランとIsabella Colbran結婚した。
 1822年、ロッシーニはウィーンを訪れ、旧作を次々に上演、圧倒的な人気を集めた。ロッシーニの音楽に刺激され、シューベルトを含む多くの作曲家が、彼のスタイルを模倣した作品を書いた。一方、ロッシーニはベートーベンの音楽を知って感激、彼を訪問したりした。翌23年、ベネチアで『セミラーミデ』を発表したが、これはロッシーニがイタリアの歌劇場のために書いた最後の作品になった。
 1824年に彼はパリに移り、同地のイタリア劇場の音楽監督に就任、旧作の上演および改訂上演のほか、フランス語による『オリー伯爵』(1828)と『ギョーム・テル(ウィリアム・テル)』(1829)を作曲した。とくにシラーの戯曲『ウィルヘルム・テル』による後者は大成功したが、その作曲で疲労し、一時ボローニャに帰った。帰郷中の30年、七月革命が起こると、自らの権利を守るためパリに戻り、係争が決着したのちは年金などにより悠々自適の生活を送った。彼はマイヤベーアのグランド・オペラが流行し始めるとその様式に反発を覚え、以後オペラの作曲はせず、おりに触れて書きためた各種の小品や、『スターバト・マーテル』(1842)などを発表しただけである。この間、健康や政情不安のためボローニャ、フィレンツェに住んだこともあったが、37年には前々から不仲になっていたイサベラと正式に離婚し、45年に彼女が死去すると、かねてから生活をともにしていたフランス女性オランプ・ペリシェOlympe Plissierと46年に再婚した。そして、55年以後はパリに暮らし、『小荘厳ミサ曲』(1863)など少数の作品を書いた。68年11月13日、パリのパッシーで死去。
 ロッシーニは1829年までの約20年間に改作を含めて39曲のオペラを作曲、その後の約40年は上述のようにオペラ界から引退した。オペラ作曲家としてのロッシーニは、第一に声楽様式の洗練を目ざし、アリアやカバティーナのなかで美しく磨き上げられた旋律美を追究した。それと同時に、声楽技巧を探究し、とくにベルカント唱法の再興に力を注いだ。その際、劇の展開と声楽表現の自然な一致を考え、技巧主体に陥ることを避けた。
 彼は多くの独創的な表現方法を用いたが、オーケストラの扱いに卓抜な技巧を駆使、とくにクレッシェンド(音量を漸増する)を効果的に用いた。彼がオーケストラによるクレッシェンドをオペラで最初に用いたのは、『試金石』の終幕においてである。この技法は彼の代名詞となり、「クレッシェンド氏」というニックネームが彼に与えられもした。また『ウィリアム・テル』などのオペラ・セリアでは、色彩的、情景描写的な管弦楽法がしばしば優れた効果をあげている。これらは、彼のオペラの序曲にも表れており、現在オペラ自体は上演されなくても序曲は独立して演奏されている。[美山良夫]
『フランシス・トイ著、加納泰訳『ロッシーニ――生涯と芸術』(1970・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロッシーニの言及

【オテロ】より

…イタリア語の台本による。(1)ロッシーニがベリオ伯の台本に作曲,1816年12月4日ナポリのフォンド劇場で初演した3幕のオペラ。全曲を通じて舞台はベネチアで進行,シェークスピアやベルディの作品にみられるキプロスやハンカチーフの場面は現れない。…

【セビリャの理髪師】より

…D.O.ペトロセリーニの台本による。(2)ロッシーニがC.ステルビーニの台本に作曲,1816年ローマで初演した2幕4場のオペラ。パイジェロと競作するつもりもなかったロッシーニは,《アルマビバAlmaviva》または《無益な用心》という題で初演したが,パイジェロ一派の激しい妨害にあって初演は大混乱を招いた。…

【フランス音楽】より

…そして19世紀になっても大勢は依然オペラが第一であった。しかも,D.F.A.オーベールの《ポルティチの啞娘》,J.F.アレビーの《ユダヤの女》あたりを例外として,もっぱら外来者ケルビーニ,ロッシーニ,とりわけドイツ系ユダヤ人の折衷主義者マイヤーベーアの《鬼のロベール》以降の諸作が,オペラ・ロマンティックすなわちグラントペラgrand opéra(グランド・オペラ)に君臨していた。かたわら1780年代以降の〈ロマンス〉流行を反映してか,多くのフランス人作曲家(ボイエルデュー,オーベール,F.エロール)は,オペラ・コミックの作曲に励む。…

※「ロッシーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロッシーニの関連キーワードドニゼッティベリーニ愛の妙薬エルナーニドン・パスクワーレファヴォリータラ・ファヴォリータランメルムーアのルチアロッシーニ・オペラ・フェスティバルベッリーニ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロッシーニの関連情報