コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インゲマン インゲマン Ingemann, Bernhard Severin

2件 の用語解説(インゲマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インゲマン
インゲマン
Ingemann, Bernhard Severin

[生]1789.5.28. トルキルストルプ
[没]1862.2.24. ソーレ
デンマークの小説家,詩人。スコット風の歴史小説で全国民の血を沸せた。代表作『エリク・メンベド王の少年時代Erik Menveds Barndom (1828) 。詩集に『朝と夕べの歌』 Morgen og aftensang (37~39) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インゲマン
いんげまん
Bernhard Severin Ingemann
(1789―1862)

デンマークの詩人、小説家。初期にはロマン詩人、賛美歌作者として鳴らしたが、やがて『若きウェルテルの悩み』風の恋愛小説『バルナーの詩的放浪』(1813)を出し、のちにはスコット風の歴史小説に転じて、『常勝のワルデマール王』(1826)、ことに『エリク・メンベド王の少年時代』(1828)で全国民の血を沸かせ、いまも少年少女の愛読書となっている。またアンデルセンの若いときからの庇護(ひご)者であった。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インゲマンの関連キーワードアルキル水銀STOL機アルキルベンゼンキルストルストイアンフリーピストル競技ラピッドファイアーピストル競技ピストルズアルキルアリルスルフォン酸ラットルストーン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone