コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスリン受容体 インスリンじゅようたいinsulin receptor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インスリン受容体
インスリンじゅようたい
insulin receptor

細胞膜上に存在してインスリンと特異的に結合し,細胞のインスリン作用を誘起する蛋白質インスリン受容体は,最も下等な脊椎動物であるホソヌタウナギからヒトにいたるまで認められている。ヒトでは,肝臓,筋肉,脂肪細胞などインスリン作用が明らかな組織だけでなく,脳,腎臓,繊維芽細胞赤血球などほとんどの組織に存在する。その構造は,二つのαサブユニット,βサブユニットがジスルフィド結合したかたち (αβ)2 で存在し,βサブユニットは細胞膜を貫通し,キナーゼ活性をもつ。インスリンと結合することによりこのキナーゼ活性が誘起され,細胞内にシグナルを伝達する。インスリンと結合した受容体は細胞内に取り込まれて分解され,新しく合成された受容体に置き換わる。この合成と分解とによって細胞膜上の受容体の数は一定に調節されている。ただし一時的に血中のインスリン濃度が高くなった場合には,インスリン受容体の数は減少する。ヒトインスリン受容体の cDNAクローニングに成功したことにより,そのシグナル伝達に関する研究が進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インスリン受容体の関連情報