コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスリン受容体 インスリンじゅようたいinsulin receptor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インスリン受容体
インスリンじゅようたい
insulin receptor

細胞膜上に存在してインスリンと特異的に結合し,細胞のインスリン作用を誘起する蛋白質。インスリン受容体は,最も下等な脊椎動物であるホソヌタウナギからヒトにいたるまで認められている。ヒトでは,肝臓,筋肉,脂肪細胞などインスリン作用が明らかな組織だけでなく,脳,腎臓,繊維芽細胞,赤血球などほとんどの組織に存在する。その構造は,二つのαサブユニット,βサブユニットがジスルフィド結合したかたち (αβ)2 で存在し,βサブユニットは細胞膜を貫通し,キナーゼ活性をもつ。インスリンと結合することによりこのキナーゼ活性が誘起され,細胞内にシグナルを伝達する。インスリンと結合した受容体は細胞内に取り込まれて分解され,新しく合成された受容体に置き換わる。この合成と分解とによって細胞膜上の受容体の数は一定に調節されている。ただし一時的に血中のインスリン濃度が高くなった場合には,インスリン受容体の数は減少する。ヒトインスリン受容体の cDNAのクローニングに成功したことにより,そのシグナル伝達に関する研究が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

インスリン受容体の関連キーワードインスリンレセプター基質インスリン受容体障害二次性糖尿病

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android