インターネットVPN(読み)いんたーねっとぶいぴーえぬ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インターネットVPN

公衆ネットワークのインターネット上にVPNを張り、仮想的なプライベートネットワークとして利用する形態。公衆ネットワークとして通信事業者が提供する専用のサービス網を利用する「IP-VPN」と対になる用語。インターネットVPNでは、トンネリング暗号化、認証といった複数の技術を組み合わせることで、不特定多数のユーザーが利用するインターネットで専用線と同等の高いセキュリティを持つ通信路を確保できる。インターネットVPNを利用するには、インターネットへ接続するアクセス回線と、VPN接続を行なうための「VPNゲートウェイ」と呼ばれる機器が拠点ごとに必要になる。VPNゲートウェイは、VPN対応ルーターやファイアウォールに組み込まれていることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

インターネットブイピーエヌ【インターネットVPN】

インターネットを、あたかも専用の通信回線のように利用する技術、またはサービス。VPNの一種。データの暗号化やパケットに施すカプセル化という技術などを用いて、専用の通信回線と同等の安全性を確保する。◇VPNでは他にIP-VPNが広く普及している。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android