コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドの暦 インドのこよみIndian calendar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドの暦
インドのこよみ
Indian calendar

インド暦の紀元は,種々あるが,多くはサムバド紀とシャカ紀のいずれかが用いられている。前者は,西洋紀元前 57年に,ウッジャインのビクラマーディトヤ王がシャカ族に勝った戦勝記念の年号であるといわれ,北方インドで多く用いる。ビクラマ紀とも呼ばれる。後者は,シャカ族の統治者シャーリバーハナ王に始ると伝えられ,西紀 78年にあたり,南方インドで主として用いる。インドのアーリア人は,古くから1年を太陽の運行と月の満ちかけの両方で考え,太陽暦太陰暦を合せて現在のサムバツアラという陰陽暦が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

インドの暦の関連キーワードインド暦宿曜経サカ暦九曜円通徳猊白月黒月

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android