コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽暦 たいようれきsolar calendar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽暦
たいようれき
solar calendar

月の満ち欠けを無視し,1年間の太陽の動きだけを考えて作成した暦。太陽暦の起源はローマエジプトにあるといわれるが,最初のローマ暦は1年を 10ヵ月 (304日) とする不完全な暦であった。エジプトでは,ナイル川の定期的氾濫によって,早くから太陽暦を採用した。前 18世紀頃のエジプト暦では,1年を 365日とし,これを 30日の月 12ヵ月と年末5日の付加日に分けていた。その後,シリウス星と太陽との関係を長い間観測して,1年が 365.25日であることを知った。この1年がユリウス暦に採用され,1582年には1年の長さを 365.2425日とするグレゴリオ暦に受継がれて,現在にいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいよう‐れき〔タイヤウ‐〕【太陽暦】

地球の公転運動すなわち1太陽年を基本単位にした暦。エジプト暦に始まり、ユリウス暦グレゴリオ暦と改良され、現在世界各国で使用。1年を365日とし、西暦年数が4で割り切れる年を閏年(うるうどし)とするが、100の倍数になる年は400の倍数でない限り平年とする。日本では明治6年(1873)から太陰太陽暦に替わって採用し、新暦ともよぶ。陽暦。→太陰暦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

太陽暦【たいようれき】

陽暦とも。天球上の太陽の運動(実は地球の公転運動)を基準にしてきめた暦。四季の循環と合う。回帰年が基本単位。古代エジプトに始まり,ユリウス暦グレゴリオ暦と改良されて,現在世界各国で使用。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

占い用語集の解説

太陽暦

太陽の運行を基本にした暦法。新暦とも呼ぶ。歴史はエジプト暦に始まり、ユリウス暦・グレゴリオ暦と改良され、現在世界各国で使用されている。1年を365日とし、約4年に一度の閏年で調整をしている。日本では明治六年(1873)から太陰太陽暦に替わって採用された。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいようれき【太陽暦 solar calendar】

1年の日数を1太陽年にできるだけ一致するように作られた暦。現在,世界中で一般に用いられているグレゴリオ暦は太陽暦である。太陽年は,太陽がその軌道上を一周する時間で回帰年とも呼ばれるように,地球上の季節はこの周期で繰り返される。したがって日常生活には太陽暦が便利である。エジプトではその歴史が始まって以来太陽暦が用いられ,ローマではユリウス・カエサルによって前46年に太陽暦が採用された。1太陽年の値は365.2422日であり,日の整数倍ではなく端数がつく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいようれき【太陽暦】

太陽の黄道上の運行、すなわち季節の交代する周期(一太陽年)をもとに作られた暦。現在、世界の共通暦であるグレゴリオ暦はこの一種で、1年をほぼ太陽年と等しくしたもの。1年を365日、4年ごとに閏年を置いて366日とし、100年ごとに閏年を一回省き、400年で閏年を九七回とする。日本では1872年(明治5)グレゴリオ暦を採用、同年12月3日を1873年1月1日とした。陽暦。 → 太陰暦グレゴリオ暦ユリウス暦

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太陽暦
たいようれき

季節を調節してゆくため一太陽年だけを基本用数として日を数える暦法。生活に密接に関係する季節は太陽が天球の赤道の南にあるか北にあるか、いいかえればいつ春分点に再帰するかによって決まるから、太陽年(回帰年)の長さ365.242199日は太陽暦の基本周期である。太陽暦の起源はエジプトにあり、この暦法に属するものにエジプト暦、ペルシア暦、ユリウス暦、フランス共和暦などがあり、今日世界各国で広く採用しているグレゴリオ暦は置閏(ちじゅん)法も簡単で、1万年に3日の差違を生ずるにすぎない優れた太陽暦であるが、欠点もあって種々の改良案が提出された。「世界暦」はその一つである。日本では1873年(明治6)から、それまでの太陰太陽暦にかわって太陽暦のグレゴリオ暦を採用し、新暦と称している。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太陽暦の言及

【暦】より

…そしてそのような思想は《万葉集》にも受け継がれているとし,〈ひさかたの天(あま)のかぐ山,此ゆふべ霞たなびく春たつらしも〉〈うちなびく春たちぬらし,わが門の柳のうれに鶯なきつ〉その他をあげている。さらに宣長は,日本では中国から暦法が入ってくる前は太陽暦思想があったとして,〈かの空なる月による月(朔望月のこと)と年の来経(きへ)とを,しひてひとつに合はすわざ(太陰太陽暦のこと)などもなくて,ただ天地のあるがまゝにてなむありける〉といっている。中国の3世紀のころの書である《魏志倭人伝》にはすでに日本では稲作をしていた記事があり,5世紀ころ加えられた補注には〈其俗正歳四時を知らず,但春耕秋収を記して年紀となす〉とある。…

※「太陽暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太陽暦の関連キーワードオランダ正月ソンクラーン二十四節気ユリウス年政治官報晦日正月日本暦大の月天保暦陰陽暦五月雨師走啓蟄閏月立冬旧暦平気閏日陰暦暦年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太陽暦の関連情報