コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドア・ツー・インドア indoor to indoor

1件 の用語解説(インドア・ツー・インドアの意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

インドア・ツー・インドア【indoor to indoor】

輸送および荷役の合理化により物流はドア・ツー・ドアが常識となったが、それを一歩進めたものがインドア・ツー・インドアである。すなわち、生産工場の屋内から小売店の店頭までの荷役・輸送を行うものであるが、場合によっては生産工場の屋内から、一般家庭の居間までを直結させることもある。このシステムの場合、荷の発着の両端ではコンテナは不適であり、パレットが中心となる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インドア・ツー・インドアの関連キーワード流通加工合理化合理化カルテル埠頭パレチゼーション荷役マテリアルハンドリング省エネルギー法物流革命

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone