コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド絵画 インドかいが Indian painting

1件 の用語解説(インド絵画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド絵画
インドかいが
Indian painting

インド絵画史上特記すべきものとしては次の3点があげられよう。 (1) 岩陰および岩面の壁画 約1万年前頃から始まったと考えられる。中部インドが中心で,1973年に発見され,岩面画の数において世界的なビームベトカ石窟群がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインド絵画の言及

【インド美術】より

…現在のインド,ネパール,バングラデシュ,スリランカ,パキスタン,アフガニスタンの一部よりなるインド亜大陸で,前3千年紀以来おこなわれた美術の総称。そのほとんどがインド固有の仏教,ジャイナ教,ヒンドゥー教,あるいは外来のイスラムに基づく宗教美術であり,強い宗教性と独特の官能性とを顕著な特色とし,アジア各地の美術に多大な影響を及ぼした。古代には仏教が造形活動を主導し,ヒンドゥー教美術は古代末期からしだいに盛んになり中世前期に最盛期を迎えた。…

※「インド絵画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インド絵画の関連キーワード黄不動壬申戸籍課する崇奉性科学特記比擬べき次の者ジャズ来るべきもの

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone