インド綿(読み)インドめん(英語表記)Indian cotton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド綿
インドめん
Indian cotton

インドで産出する綿花紀元前 3000年頃にはインダス河流域で栽培が始っていたといわれる。北部インドでは5,6月に播種,10月から翌年1月にかけて収穫,南部インドでは9,10月に播種,翌年2~4月に収穫。インド綿は一地方一品種に限定され,その産地名を品種名としている。長繊維のものは少く,中ないし短繊維のものが多くエジプト綿,アメリカ綿に劣る。アルボレウム種,ヘルバセウム種の各変種が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

インドわた【インド綿】

インド産の綿花。繊維が太く短く薄茶色で、強さはアメリカ産の綿花に劣る。インドめん。印綿いんめん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インド綿の関連情報