インド門(読み)いんどもん

デジタル大辞泉の解説

インド‐もん【インド門】

India Gate》インド北部の都市デリーにある門。第一次大戦で戦死したインド人兵士の慰霊のため、パリエトワール凱旋門をもとに設計され、1931年に完成。高さ42メートル。壁面に戦死者の名が刻まれている。
Gateway of India》インド西部、マハラシュトラ州の都市ムンバイにある門。アラビア海に臨むムンバイ港に面する。英国統治時代の1911年にジョージ5世と王妃のインド訪問を記念して建設され、1924年に完成。玄武岩を用いたインド‐サラセン様式(英国のネオゴシック様式にムガル建築を採り入れた建築様式)の門であり、英国統治の象徴として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のインド門の言及

【ボンベイ】より

…港湾地区は旧ムンバイー島の東岸をセーウリからフォート地区南端まで約8kmにわたって広がり,北半部には綿花,穀物,石油,石炭,木材などの専用埠頭が,南半部には一般貨物と旅客用埠頭および海軍基地がある。その最南端にイギリス王ジョージ5世の来印を記念して1911年に建てられた〈インド門Gateway of India〉がある。また,インド門の北東海上にはヒンドゥー教石窟で知られるエレファンタ島が位置する。…

※「インド門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android