コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インフォーマル・セクター informal sector

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インフォーマル・セクター
informal sector

正規の就業体系の枠外に成立した経済部門。経済発展に伴う農村から都市への人口の移動,すなわち農業など伝統部門から工業を中心とする近代部門への労働力流出の結果,雇用機会に恵まれず雑業的な個人サービスに従事する余剰労働力が都市に滞留する。とりわけ発展途上国の場合,近代部門の雇用吸収力が弱いために,この低賃金,低生産性,不完全就業によって特徴づけられる部門の拡大が顕著である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インフォーマル・セクターの関連情報