イールトゥートゥミシュ(英語表記)Īltūtmish Shams al-Dīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「イールトゥートゥミシュ」の解説

イールトゥートゥミシュ
Īltūtmish Shams al-Dīn

インド,奴隷王朝の王 (在位 1211~36) 。初代王クトゥブッディーン・アイバクの奴隷であったが,アイバクの死後王位を奪い,デリーに都をおいた。彼の支配によってインドにおけるムスリム政権は初めて安定した。こののち北インドではムガル帝国が滅びるまでムスリム政権が支配権を維持した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android