三長記(読み)さんちょうき

世界大百科事典 第2版の解説

さんちょうき【三長記】

藤原(三条)長兼の記した日記。長兼は藤原通憲(信西)を母方の祖父にもつ鎌倉時代初期の公家。春宮権大進,蔵人頭,権中納言等を歴任する一方,九条家に家司として仕え,九条兼実・良経父子の信任を得た。その関係から,当時の政治問題に言及した記述も散見する。1195年(建久6)から1211年(建暦1)にかけての抄録写本が数種あり,《東進記》《如天記》等の異称がある。《史料大成》所収。【山本 博也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三長記
さんちょうき

藤原長兼(ながかね)(生没年不詳)の日記。長兼は三条を号したのでこの名がある。また『長兼卿記(ながかねきょうき)』あるいは、権中納言(ごんちゅうなごん)となったところから『三中記(さんちゅうき)』『三黄記(さんこうき)』ともよばれ、清浄潔白な性行から『清白記(せいはくき)』『如天記(じょてんき)』ともいう。長兼は入道中納言長方を父とし、入道少納言通憲(みちのり)(信西(しんぜい))の女(むすめ)を母とする。参議となったのは1206年(建永1)。1211年(建暦1)10月権中納言を辞し、14年(建保2)2月に出家して法名を覚阿(かくあ)といった。日記の原本は伝わらず、写本の種類によって冊数も一致しないが、現在残っているのは、1191年(建久2)正月から1211年3月までの断続的な記事である。長兼は九条兼実(かねざね)・良経(よしつね)父子に家司(けいし)として仕え信任厚く、ために記事も政治の枢要に触れ貴重な史料となっている。ことに法然(ほうねん)(源空)の浄土宗の台頭と、それに続く法難の記事は重要である。『増補史料大成』によってかなりな部分が刊行され、また『大日本史料』第4編などによって知られる記事も多いが、写本のみで未刊の部分もある。長兼は文才に恵まれ、故実に通じ『除目撰定抄(じもくせんていしょう)』も著している。なお、長兼が東宮大進であった時期の、東宮にかかわる記事のみを抄録した『東進記』もある。[田中博美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android