コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 セン

3件 の用語解説(詮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん【詮】

なすべき手段、方法。せんかた。
「泣くより外に―がなかったのだろう」〈左千夫野菊の墓
効果。価値。かい。ききめ。「後悔してものないことだ」
煎じつめたところ。結局。
「申し受くるところの―は、ただ重盛が頸をめされ候へ」〈平家・二〉
選択。詮議。
「かやうのまことの―にあひ奉らんものは」〈盛衰記・一〉
物事の要点。必須。眼目。
「茶は水が―ぢゃといふが」〈虎寛狂・清水

せん【詮】[漢字項目]

常用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]かい
物事の道理をつき詰める。「詮議詮索所詮
[名のり]あき・あきら・さと・さとし・とし・とも・のり

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せん【詮】

その行為に見合う効果。しるし。かい。 「今となっては-のないことだ」 「生きていても何の-があろうか」 → せんない
手段。方法。せんかた。 「社司ども-尽きて眠りゐたりける程に/著聞 1
究極のところ。眼目となるところ。肝要な点。 「ただ-は仏法にて王法をば守らんずるぞ/愚管 3

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

詮の関連キーワード打つ手手が無い泣く子なすしょう事無い術の方便為ん方為ん方無い為ん術為ん術無い手詰り

詮の関連情報