コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィドマンシュテッテン構造 うぃどまんしゅてってんこうぞう

1件 の用語解説(ウィドマンシュテッテン構造の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウィドマンシュテッテン‐こうぞう〔‐コウザウ〕【ウィドマンシュテッテン構造】

Widmanstätten pattern隕鉄見られる特有の結晶構造ニッケルを多く含む隕鉄を切断し、表面を研磨すると現れる三角形平行四辺形の格子模様を指す。ゆっくり冷却する過程でニッケルの結晶が成長することでできる。人為的に作ることができないため、真贋の判定に用いられる。ウィドマンシュテッテン像。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウィドマンシュテッテン構造の言及

【鉄隕石】より

…アタキサイトではきわめて細かなカマサイトとテーナイトの集合体(プレッサイトplessite)からなり,なんら規則的な構造は示さず,Ni含有量のきわめて少ないヘキサヘドライトとともに塊状鉄隕石と呼ばれる。ウィドマンシュテッテン構造は高温からゆっくり冷却された合金に認められる典型的な離溶組織で,オクタヘドライト中でニッケル・鉄合金のテーナイトが高温から徐冷されるとき,その面心格子(111)に平行にカマサイトが析出するために現れる。カマサイト帯の幅が広いほどその中のニッケル含有量は少ない。…

※「ウィドマンシュテッテン構造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone