ウィヘルン(英語表記)Wichern, Johann Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィヘルン
Wichern, Johann Heinrich

[生]1808.4.21.
[没]1881.4.7.
ドイツ国内伝道 (プロテスタントの社会福祉事業) の指導者。信仰覚醒運動の推進者ラウテンベルクが建てた日曜学校の教師となるが,やがてみずから,不幸な子供たちのための家ラウエスハウス Raues Hausを設立 (1833) ,子供たちにキリストの愛に基づく家庭的な生活をおくらせ,同時に自由で個性的な教育を行なった。ラウエスハウスは今日も活動を続けている。別に,兄弟 Bruderと呼ばれる国内伝道者を養成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android