ウィルソンの霧箱(読み)ウィルソンノキリバコ

  • ウィルソン の 霧箱(きりばこ)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

C・T・R・ウィルソンによって1911年考案発表された放射線検出装置。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

電子や陽子などの素粒子の飛跡を観察し記録する装置。過飽和水蒸気を満たした箱で、粒子の飛跡に生じたイオンを核として発生する霧が、飛跡に沿って白い線となって現われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報